施設案内

処理フロー

K・Kサーモセレクト方式
ガス化改質施設

廃棄物を脱ガス・溶融・精製することで100%再資源化できるほか、廃棄物を燃やさないため、 ダイオキシンをはじめとする有害物質がほとんど発生しない、地球に優しい処理システムです。

※ 画像をクリックすると大きく表示されます。

主要設備

  • 1圧縮プレス
    廃棄物はプレスによって約5分の1に圧縮。この段階で廃棄物中の空気を排除、伝熱効率を向上させます。
  • 2熱分解炉
    圧縮された廃棄物は、二重壁構造の熱分解炉(熱風で外側空間を加熱、内側壁で囲われた空間を廃棄物が移動)で間接加熱、乾燥・脱ガス化し、熱分解され、順次高温反応炉へ押し出されます。
  • 3高温反応炉
    熱分解されたガスは高温反応炉の上部に上がり、1,200℃で2秒以上高温加熱されます。この過程でダイオキシン類およびその元化合物は完全に分解され、H₂、CO、CO₂、H₂Oを主成分とする粗合成ガスに改質されます。
  • 4急冷塔
    1,200℃のガスに酸性水を吹き付け、0.1秒以下で70℃に急速冷却。ダイオキシンが再合成しやすい危険な温度領域(200~500℃)を一気にくぐり抜けます。
  • 5均質化炉
    高温反応炉下部の沈殿槽に溜まった溶融物には炭素や金属類が含まれており、温度が下がると固形化するため、バーナーにより1,600℃に加熱。溶融状態を保つことで、比重の異なるスラグとメタルが完全に分解し、後工程で回収しやすくなります。
  • 6メタル回収設備
    溶融状態で分離したスラグとメタルを水で急激に冷やすと、それぞれが砂粒状に固まります。それらを磁選することで、メタルとスラグを固形物として回収します。
  • 7水処理設備
    水処理設備で、ガス中に含まれる重金属類を酸洗浄することで、酸性水に溶け込んだ重金属類を水酸化物として回収します。
  • 8蒸気発電ボイラー
    ガス化改質施設によって精製されたクリーンなガスを利用し、ボイラーによって発電します。

リサイクル製品

  • 硫 黄
    硫黄は、化学薬品や化粧品などの原料に利用できます。
  • 金属水酸化物
    銅、アルミニウム、チタン、鉛、亜鉛など、非鉄金属の原料として利用できます。
  • スラグ
    スラグはアスファルト工事の路盤材など、建設資材として利用できます。
  • メタル
    メタルはカウンターウエイトなどの金属原料として利用できます。

PAGE TOP